2021年06月27日

6月26日(土)親子で柔道を体験していただきました。

日頃、森道場の諸活動に、ご理解、ご協力をいただき、ありがとうございます。

先日、入塾された道場生のお父さん2名に
親子で柔道を体験してみませんかとお誘いし
6月26日(土)に体験いただきました。

柔道は、けがを防止するための負ける練習(受身うけみの修得)から始まります。
最初から相手を投げることはできません。

受身とは、転倒する時、頭部を打たないように首を起こし、地面を手で叩き衝撃を緩和する動作です。
受身を修得できれば、自身の身を守るための場面で活用することも可能となります。

体験では、

1.後ろ受身(後方受身)
後方への転倒の衝撃を緩和する。

2.横受身(側方受身)
側方(横)の転倒の衝撃を緩和する。
マスコミ等で良く目にされる一般的な受身です。

の練習を行いました。

今後の体験では、受身の練習を行うだけでなく
「柔道体操」と称した「柔道の基礎運動」を交えて行います。

どうぞよろしくお願いいたします。
posted by 塾長 at 23:51| Comment(0) | 道場からのお知らせ!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: