2018年10月12日

10月6日(土)森師範・指導員・一般の道場生と懇談会を行いました。

関係者 各位

 

日頃、森道場の諸活動に、ご理解、ご協力をいただき、ありがとうございます。

 

106日(土)森師範・指導員・一般の道場生・保護者(関係者含む)と懇談会を行いました。

いろいろな意見・提案をいただきました。ご参加いただきありがとうございました。

 

懇談会の内容は以下の4つです。

 

.小学生4年生以上の居残り練習について

.指導当番について

.今後について

(1) 付加価値のある道場となるために

2)道場生の募集について

3)道場生の保護者との交流の促進について

412月の稽古納め(進級試合・納会)の日程等について

    1216日(日)進級試合及び練習 午前9時から午前11時

            懇親会      午前11時30分から午後2時30分

            解散       午後3時

5)イベント開催時のご協力

6)指導員ライセンス・審判ライセンス取得のお願い

.その他

 

特に、道場生募集を鑑み幼年から一般を対象とした

イベント名「open道場(開催日調整中)」を行うこととなりました。

まずは、「森道場に来てもらうこと」を念頭としイベントを開催します。

詳細については、後日お知らせいたします。

posted by 塾長 at 16:58| Comment(0) | 道場からのお知らせ!

2018年10月04日

親子で柔道を体験してみませんか?

日頃、森道場の諸活動に、ご理解、ご協力をいただき、ありがとうございます。

 

親子で柔道を体験してみませんか?

柔道は、けがを防止するための負ける練習(受身うけみの修得)から始まります。

最初から相手を投げることはできません。

 

受身とは、転倒する時、頭部を打たないように首を起こし、地面を手で叩き衝撃を緩和する動作です。

受身を修得できれば、自身の身を守るための場面で活用することも可能となります。

 

体験では、5つある受身のうち1つの修得を目標といたします。

 

.後ろ受身(後方受身)

後方への転倒の衝撃を緩和する。

 

.横受身(側方受身)

側方(横)の転倒の衝撃を緩和する。

マスコミ等で良く目にされる一般的な受身です。

 

.前受身(前方受身)

前方の転倒の衝撃を緩和する。

 

.前回り受身(前方回転受身)

前方へ一回転することで衝撃を緩和する。

 

.空転受身(前方飛躍受身、飛び受身)

前回り受身をジャンプしながら行う高度な受身。

 

体験では、受身の練習を行うだけでなく

「柔道体操」と称した「柔道の基礎運動」を交えて行います。

 

お父さん、お母さん、お子様と一緒に参加も可能です。

 

家族みんなで楽しい時間を過ごしませんか?

posted by 塾長 at 12:22| Comment(0) | 道場からのお知らせ!

森道場が多摩の地域情報誌 産経新聞 Tamap(たまっぷ)2018.9.30(NO.10)に掲載されました。

産経新聞 Tamap(たまっぷ)2018.9.30(NO.10).png

関係者 各位

 

日頃、森道場の諸活動に、ご理解、ご協力をいただき、ありがとうございます。

 

森道場が多摩の地域情報誌 産経新聞 Tamap(たまっぷ)2018.9.30NO.10)に掲載されました。

 

これを通じて新しい仲間が加われば、現在練習を行っている子供たちにとっても

良い刺激となり、競争意識も芽生え、相乗効果が得られることと思います。

新しい仲間が加わることを楽しみにしております。

 

 


posted by 塾長 at 12:19| Comment(0) | 道場からのお知らせ!