2018年05月21日

5月20日(日)第30回わんぱく相撲立川場所(立川市泉市民体育館)の お昼休憩に「6分間」森道場のPRを行いました。

20180520.jpg20180520-2.jpg20180520-3.jpg5月20日(日)第30回わんぱく相撲立川場所(立川市泉市民体育館)の
お昼休憩に「6分間」森道場のPRを行いました。

4月中旬、立川商工会議所から立川市の参加諸団体のひとつの団体として
PRを行いませんかとお誘いをいただきました。

指導員の皆様・保護者の皆様・道場生総勢20名で森道場のPRを行いました。
※休みの中、森道場のPRにご協力いただきありがとうございました。

PRした内容は以下の通り

1、イギリス人道場生による英語体操
   幼年3名及びその保護者が体操をやってくれました。
  
  森道場には、イギリス人の方が在籍しています。
  イギリス人の方による英語の準備体操を行っています。保護者の方からも好評です。
  国際化が加速している今日 森道場はその流れをいち早く取り組んでいます。

2、小学低学年(大内刈り、体落とし)、小学高学年(大内刈りから体落とし連絡技)の技を披露しました。
   
  小学1年生と小学2年生。
  二人とも入塾して一年。この位のレベルになると、試合にも出場できるようになります。

  小学6年生と小学3年生
  二人とも入塾して3年。
  大内刈りから体落とし連続技ができるようになり、試合でもそれを出すことができるようになります。

3、松本指導員、丸山指導員、萩原指導員(背負い投げ、ともえ投げ、払い腰)が高校生坂本君を投げました。
  
  大人の迫力を見ていただきましょう。迫力ありますよ。
  松本指導員は、小学生から柔道を始め、高校時代にも柔道部に在籍し活躍。
  坂本君も小学生から柔道を始め、中学時代には東京都で上位に入賞しています。

  丸山指導員も小学生から柔道を始め、高校時代にはインターハイに出場しています。
  萩原指導員も小学生から柔道を始め、高校時代には名門高校にてレギュラーとして活躍していました。

  
4.人を投げる嬉しさは、次の目標に向けた励みとなり、投げられて投げられることの痛さを知る。
 柔道は、人を労る気持ちも醸成します。
  森道場では、見学、体験を随時受付しております。詳しくは、直接起こし頂くか、本日開設しているブースまで起こしください。

これを機に道場生が増えることを祈念しております。
posted by 塾長 at 12:06| Comment(0) | 道場からのお知らせ!

2018年05月06日

5月20日(日)第30回わんぱく相撲立川場所のお昼休憩に森道場のPRを行います。

関係者 各位

日頃、森道場の諸活動に、ご理解、ご協力をいただき、ありがとうございます。

4月中旬に、公益社団法人立川青年会議所の関係者の方より
依頼がありました。

2018年5月20日(日)(開場 9:45 開始10:30 閉会15:00(予定))に
第30回 わんぱく相撲立川場所を
http://www.tachikawajc.or.jp/?page_id=1890
立川市泉市民体育館 第一体育館(東京都立川市泉町786-11)
で開催する。

今回は,お昼休憩を挟んでの開催とするため、
その休憩時間に立川市の参加諸団体によるPRを行いたい。
そのPRに出ていただけませんかというものでした。

そこで、地域の貢献、森道場のPRも兼ねて参加することとなりました。

当日のPRに向けて頑張ります。どうぞよろしくお願いいたします。
posted by 塾長 at 12:15| Comment(0) | 道場からのお知らせ!